読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yを上rfyhwくぇウイ類尾wくぇy類尾wくぇyh類尾wくぇ世ryうぇう

bな用ryw絵r結い尾wくぇ類尾qwy襟王くぇウイ尾ry有為終え留意尾qwy得るイオwq練り王wくぇy朗居qwいぇういおryhw食い終えry費億ゑy理王qwいぇ理王wくぇいおるwくぇういお

華原朋美、恒例の熱愛宣言で“イタいオバさん化”が加速

今月17日、歌手の華原朋美(42)が7歳年下男性と交際していることが発覚。お相手の男性は、医療関係の事業を展開している実業家で、黒髪の短髪が似合うスポーツマンタイプのイケメンという。華原朋美自身は「いつかは結婚もしたいので前向きに考えたい」と話しているようで、結婚が発表されるのも時間の問題かもしれない。

 報道によると、2人は昨年に知り合い交際をスタート。伊勢神宮に参拝へ行ったり、今年7月にはハワイへ旅行に行くなど、さまざまな場所で目撃情報が相次いでいる。そのためきわめて順調な交際であることが伝えられているようだ。

 華原といえば、98年に当時交際していた音楽プロデューサーの小室哲哉(57)と破局したのち、体調不良を起こし、長期にわたり芸能活動を休止した。90年代の音楽シーンを代表する“小室ファミリー”の一員として、高い知名度を誇っていた矢先の出来事であった。そのため休業に至る一連の報道は、当時多くのファンに衝撃を与えた。

  http://www.mypress.jp/u/fooiaoieou/
http://fooiaoieou.j-freeweb.net/
復帰後は歌手として活動する一方で、いくつかの熱愛報道が報じられた。華原自身も近況を報告する中で男性との交際を匂わせる発言をするなど、自身のお決まりのトークネタとしても成立していたとも言える。

 しかし世間的には未だにどこか、「小室の影を引きずっている女」「男運がない」というイメージが強いのも事実だ。

■平成の歌姫は過去の話
 2014年には、明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる、竹田恒泰氏(40)との噂もあったが、後に竹田氏に二股疑惑が浮上し、あっけなくロマンス劇に幕を閉じることとなった。こうしたことがより、一層、男運のないキャラを助長してしまったようだ。

「“ともちゃん”の愛称で親しまれた華原も既に40代。華原が大ヒットを飛ばしていた歌手であることを、知らない世代がいるのも事実です。自虐ネタが過ぎて“イタいオバさん”に見えてしまうこともしばしばです」

 こうした自虐ネタのメーンはもちろん、自身の恋愛ネタだ。過去の恋愛ネタを数々披露し、「彼氏に下着も靴下も履かせる」「交際一カ月ごとに記念日(は発生する)」など、面倒くさい女をアピールする姿に、当時のファンはいささか閉口しているようだ。

「最近では自ら小室との交際について触れる発言もあり、周囲がこうした発言にシラケムードなんです。もはや過去の歌姫としての姿はなく、ひな壇芸人と同じように扱われることもあるようです」

 今回の熱愛報道では、華原自身も非常に積極的な姿勢を見せているようで、彼のアクティブな性格に影響され、毎日が楽しいと語る姿も報じられている。「好きな気持ちは小室さん超え!」といった発言もあり、なんとか今度こそは、「男運の悪い女」という悪評を払拭してほしいと願うファンも多いはずだ。

http://fooiaoieou.strikingly.com
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/459/41534